2018年11月13日

干支神戸人形「亥」部品作り

「亥」の神戸人形の部品作りの毎日です。

神戸人形を作る時、一個一個作ることは稀です。
いつもある程度まとまった数を作ってます。
毎日、イノシシの部品づくりの日々です。

ino1.jpg

形や寸法を揃えるためのゲージは欠かせません。
穴あけのゲージ、手の材をを切るゲージ、頭を旋盤で引くときのゲージなどなど・・・

これはイノシシの口や足のつけ位置をゲージでけがいています。


ino2.jpg

鼻の穴や顔のほり位置もゲージがあると流れ作業でけがくことができます。
このゲージはヒートプレスで作っています。
人形劇の制作でよく使う技です。

かつて神戸センターの神戸人形を作っていた方が
実は知り合いの知り合いだったと、神戸人形を作るようになってから知りました。
われわれと同業の、人形劇美術家だったという驚きの事実だったのです。
そう思ってみると、センターの神戸人形は糸のとり方が人形劇関係者らしいものでした。
その方とお会いできた際におっしゃった言葉。
「人形劇の美術家はどんな素材も使えないとだめなんだ!」

神戸人形を作るときも、人形劇の技術を最大限使って作ってます。


ino3.jpg

たくさんけがいたイノシシのボディーです。


ino5.jpg

ボディーの下に穴を開けてます。


ino7.jpg

顔のくぼみを彫ります。


ino6.jpg

部品がたくさんできてきました。
明日くらいから台箱などは塗りに入ります。

どんな人形になるかちょっとだけお見せしちゃいます。
etoino1.jpg
これが・・・
etoino2.jpg
こうなります。

完成が楽しみです♪

(担当 守津)
posted by ウズモリ屋 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月11日

「湊川隧道」はタイムトンネルだった!

昨日湊川隧道の通り抜けに行ってきました。

湊川隧道とは、明治に作られた日本で最初の近代河川トンネルです。
阪神淡路大震災で被災してしまったので新湊川トンネルが新たに作られましたが
湊川隧道は当時の高度な土木技術で造られた貴重な土木遺産として残されています。
ブラタモリの神戸の回で登場していたのでご存知の方もおられるでしょう。

月に一回「湊川隧道保存の会」が中で演奏会などを開いているそうですが
昨日は670mのトンネルの通り抜けができる日でした。

zuido9.jpg

入り口。湊川公園から10分ほど歩いたところです。
めったにない通り抜けとあって、とても沢山の人が集まっていました。


zuido8.jpg

奥に進んでいきます。
長い下り坂のせいか平衡感覚が狂ってくらくらします・・・


zuido7.jpg

両脇にはいろいろ説明がありました。
旧湊川を埋め立ててできたところが新開地です。
川を挟んで分断されていた文化が融合してどんどん栄え、とても賑わったそうですよ。
神戸タワーもその時できました。


zuido6.jpg

芝居小屋も20以上もあったそうですね!
この時代は神戸人形が作られ始めた時代です。
神戸人形の初期の作家、野口百鬼堂
長田の春さんという人が野口百鬼堂ではないかと言われています。
はるさんは長田神社の参道で昆布を売る商いをしていた・・・
芝居の小道具を作る仕事をしていた・・・様々な説があります。
長田から新開地まですぐですから
芝居の小道具づくりをしていたとしてもおかしくはないですね。
わたし達も神戸人形と並行して人形劇を作る仕事をしているので
長田の春さんには特別に親近感を感じます。


zuido5.jpg

いよいよレンガ造りのゾーンに入っていきます。
なんとも幻想的な雰囲気です。
写真好きの方々が熱心に撮影されていました。


zuido4.jpg

まるで映画のワンシーンのような世界が続きます。
天井からは水が染み出してポタリポタリと。


zuido3.jpg

この中は明治時代の空気のまま、時間が止まっているような感じです。


zuido2.jpg

出口の明かりが見えてきました!


zuido1.jpg

やっと現代に戻ってきました!
たった670mなのに、時空旅行をしてきたような感覚です!

明治の空気に触れた我々は、長田の春さんを偲んで長田神社まで行ってみることに。
ぶらぶら歩いてむかしの神戸の空気に浸ったのでした。

昔ながらの神戸のまちってええな〜!!
神戸は新しいおしゃれな神戸だけとちがう。
別の側面をもっと大事にしていかんと!と強く思った一日でした。


(担当 守津)

posted by ウズモリ屋 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月10日

新作 干支神戸人形「亥」進行中!

昨日に引き続き、干支神戸人形を作っています。

今は材取りと形だしの段階です。

神戸人形には部品がたくさんありますが
ウズモリ屋ではほとんどの部品を自前で作っています。
そのほうが改良やマイナーチェンジがすぐできるというのが理由です。

寸法に切り出した木材から
こんな感じで・・・
senban1.jpg

削っていって・・・
senban2.jpg

端っこを丸めると・・・なんでしょう?
senban3.jpg

たまごがいっぱいできました。
senban4.jpg

このたまごがイノシシになります。

(担当 守津)


posted by ウズモリ屋 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記