2019年03月05日

神戸人形「酒呑み」 とっくり作ってます

ただいま酒呑みクラシックの製作中。
とっくり作ってます。

tokkuri1.jpg
まずこのような円柱形に削ります。


tokkuri2.jpg
これはゲージ。とっくりの形を削り出すとき各部の長さなどを測ります。

神戸人形を作るとき、同じ規格でたくさん作るのが実は大変です。
一個、二個ならその時の材の都合や手の感覚などで大きさが多少違ってもあまり気にならないのですが、商品として販売するときあまりにも差があると困ります。
機械でプレスして型にはめるようなものでなく一個一個木を削っているので、どうしても個体差が出てしまうのですが、なるべく揃えて作ることを心がけています。
ですからこんなゲージをたくさん作って、その都度測っています。


tokkuri3.jpg
こんなふうに削り…


tokkuri4.jpg
わかりにくいですがゲージで測っています。


tokkuri5.jpg
更に削っていきます。


tokkuri6.jpg
細くくびれてきました。


tokkuri7.jpg
サンドペーパーをかけて…


tokkuri8.jpg
とっくりが2個つながってできました。


tokkuri9.jpg
次の作業を待つ杯ととっくりたち。

(担当 守津)


posted by ウズモリ屋 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月28日

木工旋盤で部品作り

ウズモリ屋は人形劇の工房でもあるため、時期によって別の製作をしています。
今は神戸人形作りができる期間。
在庫が少なくなってきた「西瓜喰クラシック」と「酒呑みクラシック」を作ることに。

神戸人形は部品が多いので、塗装して組み上げる前にはとてもたくさんの作業があります。
今日はこんな作業。

koudai.jpg
高台を削って・・・

sakazuki1.jpg
斜めに落とし・・・

sandpaper.jpg
サンドペーパーをかけます。

cut.jpg
ノコでカットして

sakazuki2.jpg
小さな杯ができました。
このあと内側を彫ります。

こんなふうに一個一個作ってます。
杯はカエデを使ってます。カエデはキメが細かく硬いので、細かいものも削りやすいんです。

ウズモリ屋ではホオノキやカエデ、桜などを使ってます。

いつか、昔の神戸人形のようにツゲやカキノキを使って作ってみたい。
使いやすいサイズや価格のものがあまりないのでなかなか挑戦できていません。

(担当 守津)


posted by ウズモリ屋 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

神戸新聞に掲載されました

今朝の神戸新聞の「青空主義」コーナーに載せていただきました。
見てね!

kiji.jpg

(担当 守津)
posted by ウズモリ屋 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ